展開が早過ぎてついていけない「べっぴんさん」

展開が早過ぎてついていけない「べっぴんさん」

展開が早過ぎてついていけない「べっぴんさん」

スポンサーリンク




展開が早過ぎてついていけない「べっぴんさん」

10月から始まったNHK朝ドラ「べっぴんさん」。

始まって1ヶ月経ってないのですが、もの凄いスピードで物語が展開しています。
話が進まずのらりくらりとしているのも視聴者としては飽きてしまいます。

ただ、「相棒」並みの展開の早さにヒロインやキャラクターに対する感情移入ができずに多少困っている次第です。

そんな視聴者が多いのか、視聴率が20%を切ってしまっているそうです

今後、戦後に、ヒロインのすみれちゃんをはじめ、姉夫婦や父親がどうやって自分の生活を取り戻していくのかに期待をしています。

今までの朝ドラであれば、ヒロインの恋バナにドキドキわくわくしたり、喜んだり悲しんだりしました。

今回は、すみれちゃんの旦那様・紀夫さんがいったいどんなキャラクターなのかも多く語られないままに結婚、出産、そして出征してしまいました。

二人の絆がどれくらいのものかも分かりません。
さらに紀夫さんはしばらく戻ることができず、すみれちゃんが1人で奮闘するとのこと。いつもならヒロインの旦那様に自分も恋してしまうことが多いのですが、今回はそんな感情がまったく起きません。

夫婦の関係についてはもう少し丁寧に描いたほうが良かったのではないかなと思うんですよね。

これからは、すでに本題である子供服作りを始めるようです。

今までの朝ドラは紆余曲折あってから事業を始めるのが常ですよね。

きっと軌道に乗るまでは苦労するだろうし、そこがこれから描かれるのだと思います。
やっぱりそこまで行き着くまでが早過ぎるって感じがするんですよね。

何だかんだ自分が言ったところで物語はここまで進んでしまっています。

遡ることができませんから、これからどれくらい丁寧に描いていくのか、また、紀夫さんとの絆ももっと丁寧に描いて欲しいと思っています。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする