【べっぴんさん】1人のお嬢様から働く女性への道

【べっぴんさん】1人のお嬢様から働く女性への道

【べっぴんさん】1人のお嬢様から働く女性への道

スポンサーリンク




【べっぴんさん】1人のお嬢様から働く女性への道

主人公のモデル

べっぴんさんの主人公すみれは、アパレルメーカーの創業者がモデルとなっています。
会社経営者の父親を持ち、裕福な生活を送っていた少女。
母の死、かなわなかった淡い初恋、父の仕事を考えての結婚。
戦争でこれまでの財産と生活を失い、特技のお裁縫を活かしてお嬢さんから働く女性への道をスタートしたのがこの一ヶ月のストーリーです。

戦前の裕福なお家の生活

戦前の裕福なお家のお嬢さんの生活など、想像できそうで実はよく分からなかった生活などが楽しめますし。
女学校のお裁縫仲間との可愛らしいお喋りなど、朝からほんわかする場面もありました。
また母と娘の関係、お嬢様と使用人の娘との対照的な少女の姿など、せつなく感じられる場面も描かれていました。

ただ序盤はかなりスピードアップして進めたのか、姉と結婚する潔さんへの恋心などしっかり感じ取れなかった気もしますし。
紀夫さんとの結婚生活もしっかり分からぬままだと思いました。
それがまた、若く、そして政略結婚であることの表現なのかもしれません。

ここ最近の朝ドラ主人公たちに比べるとそれ程情熱さは感じない

ここ最近の朝ドラの主人公に比べると活発で情熱的なところはそれほどなく、すみれに勢いのようなものを感じられないと思っていました。
あっという間に進んでいったストーリーのためでもあったかもしれません。
ただ見続けていくうちに、おっとりと育ったお嬢様のリアルな姿なのかもしれないと分かってきました。
数話だけだと分かりませんが、続けていくうちにゆっくりと主人公の性格をつかんでいくドラマだと思います。

主演の芳根京子さんはとても可愛らしいですし。
すみれが頼りにする靴職人役の市村正親さんの優しく頼もしい雰囲気が素敵です。
母親役の菅野美穂さんは、若干関西弁に不自然さを感じる気がしなくもないですが、優しいナレーションがとてもよいです。
かなりスピードが速いような、おっとりしたような不思議な空気のドラマですが。
来年の3月まで楽しく見たいと思います。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする