上手い人は絶対やってる!ギターが上達する近道3点

上手い人は絶対やってる!ギターが上達する近道3点

上手い人は絶対やってる!ギターが上達する近道3点

スポンサーリンク




上手い人は絶対やってる!ギターが上達する近道3点

ギターを練習しているけどなかなか上手くいかない上達できないというひとは、日頃の練習内容を見返す必要があります。
ただ何となく練習している人と、意識しながら練習している人とでは、上達の幅もスピードも全く異なります。
今回は、練習をしていく中で、「ギターが上達する近道3点」を紹介します。

その① メトロノームを使う。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA MP-90 【MP-90 BK】【MP-90 IV】【MP-90 BL】【MP-90 PK】
価格:3650円(税込、送料無料) (2017/8/27時点)

メトロノームはテンポを一定に保つための練習として必需品です。
正直にいってこれを使用していない人はテンポがずれまくっている可能性が非常に高いです。
練習法として意識してもらいたいのは、「耳で聞こうとしない」こと、メトロノームの「カチッカチッ」という音に合わせて自分の足でリズムを刻んでいき、ギターを弾きます。
なぜ、メトロノームを使用し足でテンポを刻むかというと、「耳の感覚」にプラスして「足の感覚」を意識してリズムを刻むことで意識せずとも刻めるように身体に染み込ませていくためです。
初めは、自分の足、メトロノームの音、ギターを弾くこと、それぞれに意識がいってしまうので、なかなかメトロノームのテンポに合わせて弾くことができず、苦労するかもしれませんが、だんだんと意識せずともテンポがキープできるようになってきます。

その② 録音または撮影する。

スマホのカメラでも構わないので自分のプレイを録音、撮影してみましょう。
これは自分のプレイを見返し、改善点に気づくためです。なかなか上達しない人は、自分のプレイの問題点を知っていないことが多いです。

例えば、テンポがキープできていないいつも間違えている部分に気づいていない余計な動きが多いなど…。

これらのことを録音または撮影してプレイを見返すことにより、自分のプレイの改善点にいち早く気づくことができ、より効率的に質の高い練習することができます
上記を踏まえた上で次のことを実践してみましょう。

その③ 人前で弾く

人前で弾くというと中には「ライブ」なんて無理!という方もいるかもしれませんが、はじめは友人、親、恋人など身近な人の前でも全然大丈夫です。
身近な人でも、人前でひくというのは結構緊張します。
その緊張感が上達へ近づく近道になります。緊張していると普段の6割多くても8割程度の能力しか引き出せません。
10割なんてまず無理です。
練習で完璧に弾けていても、必ずボロが出てきてしまうのです。
そのボロが出てきてしまった部分を改善することでより上達していきますし、人前で弾けたということも自信につながっていきます。

まとめ

練習をする上で重要なのは「どうすれば上手くなるのか」と考えることです。
練習時間が少ないのか、練習方法が間違っているのかなど意識を変えることで、上達への近道が開けていくことでしょう。
今回はその「どうすれば上手くなるのか」ということに対しての参考として、三点を挙げました。
ここでは、「メトロノームを使う」「録音または撮影する」「人前で弾く」この3点を繰り返すことが上達への近道だということを参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする