望む人達と望まず残酷な人達。

望む人達と望まず残酷な人達。

望む人達と望まず残酷な人達。

スポンサーリンク




望む人達と望まず残酷な人達。

私はテレビのドキュメンタリーで子供に恵まれず悩んでいる夫婦の番組を観たことがあります。

この夫婦は医療の力をかりたりと色々と頑張って努力していました。
が医学に頼るにはかなりの予算が無いと続かず、身体にも負担のかかる物だと話していました。

まだ若かった私は子供が欲しいと考えている人達はこんなにも苦労するのだと感じながらテレビを観ていたのをおぼえています。

あんなにも妊娠を望んでいる人達をみたのは印象的でした。
何度医学に妊娠出来ても流産を繰り返してしまいメンタル的にもかなり辛いと思いました

「なぜ私は妊娠が出来ないのだろう」と常に考えている姿が観ていて伝わってきました。

世の中にはこんなに苦しんでいる人達がいるいっぽうで、望まずに出来てしまった赤ちゃんを、公園に捨てたりするニュースが私はここ2年くらいですごく増えた様に感じています。

この様に捨てられた赤ちゃんの中にはまだ息のあった赤ちゃんもいれば、残念な姿で発見されるケースがあります。
望まぬ人達は捨てるだけではなく、家の中で子供を監禁状態にし食べ物も与えず、虐待を繰り返します。
そして市の物が生きているうちに来てもうまく良いわけをしかわします。

そして結果的に子供が亡くなる事件がかなり多いと思います。
発見される子供は決まって虐待の痕があり年齢に合わないほどにやつれて成長出来ていない子供 達ばかりで、良くあるのが血の繋がりがない人物が、ゆうことをきかなかった、泣き止まなかった、等理由をつけ虐待をします。
中には全く認めない両親もいます。
この事件も年齢が若い人達が多いと感じます。

出来たから仕方なく産んだが、自分の時間もなく邪魔だ、思うようにいかない、など色々言うが、生まれて来るのは何も知らないただ両親の「愛」が必要な赤ちゃんだといゆう事を考え生んで欲しいと思います。

赤ちゃんもお腹の中で10ヶ月いてようやく生まれ残酷な目にあい亡くなる事を望んでいるはずはないと思います。
世界が見たくて産まれたはずが、待っていたのが「死」だなんてあまりに可哀想です。

新しい命を望む人達には考えられない事だと思います。
赤ちゃんが要らないから虐待するのではなく必要で無いなら、産んだら「養子」だしたり恵まれない人達に赤ちゃんを託すのがもっとも良い事だと私は思います。

この世の中にはその恵まれない子供を必要としている人達がいるのですから、望まない人達も違う考え方を考えて欲しいと思います。

これ以上赤ちゃんの命を奪わないで欲しいと願います。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする