それは霊障は薬では治らないとされているからです

それは霊障は薬では治らないとされているからです

それは霊障は薬では治らないとされているからです

スポンサーリンク




それは霊障は薬では治らないとされているからです

最近、自分には「よくないもの」が憑いているのではないかと思うときはありませんでしょうか?

霊障の主な症状や現象は、病院でも判断がつきにくい場合があるといいます。
それは霊障は薬では治らないとされているからです。

症状としては偏頭痛、発熱、めまい、吐き気、ムカつき、下痢、腹痛、空咳、喉の痛み、耳鳴り、肩こり、肌荒れ、めまい、だるさなどです。霊障が続いていくと、心だけではなく肉体的にも微熱が続くなど、体の症状もあり、呼吸が苦しくなる、頭痛、動悸なども頻繁に現れてきます。

症状でも「突然おそってくる不安感や恐怖感」といった種類の症状は除霊すると効果も高いようです。

霊障というのは、月日を重ねることに徐々に改善しにくくなる傾向があります。

霊がついている時間が長くなって霊の力も強くなっていくようです。

ほとんど24時間霊に考えかたや人格を否定、もしくは支配されているような感覚になっていくことも多いです。

霊がついている場合、「自分でも不思議なものが見える」「聞こえたりする」などがあって思考が麻痺してしまったり、正常な判断が難しくなっていきます。

すると「言動や行動が世間からはずれているように見えてしまう」といったずれを生じるために、世間から敬遠されたり、避けられたり、学校に行けない、職を失う、など世間から隔離されているような状態があります。

世間だけでなく、「家族からも相手にされない」といった場合も見受けられて、この社会適応ができなくなるというのが霊障の怖いところだといわれています。霊障の症状としては、体の重たさ、疲労感、眠れない、注意力の低下、不適切な感情、返答、支離滅裂な会話、もうひとり自分がいるような感覚、常に回りに環視されている、支配されている、狙われているような感覚がつきまといます。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする