マスク美人になるためにあなたがやるべきこと

マスク美人になるためにあなたがやるべきこと

マスク美人になるためにあなたがやるべきこと

スポンサーリンク




マスク美人になるためにあなたがやるべきこと

一昔前まで、マスクはあまり格好良いものではありませんでした。
医療従事者が職業柄つけているか、感染予防のために嫌々着けるというイメージがありました。
それが一転、今では街中マスク女子で溢れかえっています。

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201504249671/

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201504249671/

マスクをつけている女性が美人に見えることから、マスク美人コンテストやマスク美人カレンダーまで登場しています。
伊達眼鏡ならぬ、伊達マスクをする人までいるそうですよ。
マスク女子の魅力は、いったいどこにあるのでしょうか。
マスク美人になるためのコツについてもご紹介します。

マスク女子の魅力とは

マスクをすると顔の半分は隠れてしまいますが、それなのになぜ美人に見えるのでしょうか。
実は、隠れていることこそが、美人に見えるポイントなんです。
マスクで隠れた輪郭や口元、鼻の形を自分好みに想像できてしまう所がマスク美人の秘密。
見えそうで見えないが、人の心理をくすぐるわけです。

マスクで輪郭を覆うことで小顔効果が現れ、あごのラインがシャープに見えます。
その上、マスクがつくり出す陰は、鼻筋を通して見せてくれます。
更に、顔の半分が隠れているということは、目が強調されるということ。
自然に目が大きく見えたり、アイメイクが映えたりと、うれしい効果があるんです。
目元を強調し、あとはご想像にお任せできる、これがマスクをすると美人に見える理由だったんですね。

美人のマスク選び

マスク美人になるためには、美人に見えるマスクを選ぶことが肝心です。
まず、立体的なマスクを選びます。
プリーツ加工されているものは、あごまですっぽり覆うことができ、シャープな輪郭に見せることができます。
次に、マスクの色ですが、ベージュやピンクといった暖色がおすすめです。
口紅やチークの代わりに、顔を明るく見せる効果があります。
また、マスクを外した時、ファンデーションの色がマスクに移っていても目立たず清潔感があります。

髪型に注意

マスクをしていない時は気にならないけれど、マスクをするとバサバサに見えるのが、前髪や顔にかかる髪です。
マスクで顔が隠れる分、髪はスッキリさせるのがポイントになります。
前髪を斜めに流したり、髪をまとめたりすることで、清潔感がアップします。

美人のアイメイク

マスク美人は目力が肝心ですので、アイメイクにこだわってみましょう。
まずは、目元のケアを怠らないことです。
目元がカサカサしているとメイクが乗りにくくなるし、崩れやすくもなります。
土台を健康的に保つことが、美人の鉄則です。
そして、目元だけでなく眉も見られていますので、眉毛も整えましょう。

マスク着用時は鼻筋から漏れる湿気で、アイメイクが崩れやすくなるので、濃い色は避けナチュラルな色を選びましょう。
そして、ハイライトとシャドーで、立体的な目元に仕上げていきます。
マスカラはウォータープルーフにし、化粧崩れが気になる方は、下まつげには使わない方がよいでしょう。
アイライナーはリキッドタイプにし、アイカラーもウォータープルーフやクリームタイプをチョイスしましょう。

口元はナチュラルに

マスクで隠されている部分も湿気が多くなります。
ベースメイクにも、化粧崩れしにくいものを選んでください。
ファンデーションや口紅の色がマスクに移ると、あまり美しいとはいえませんので、ナチュラルメイクを心がけましょう。

おしゃれの邪魔と思われていたマスクを、おしゃれアイテムに変えてしまいましょう。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする