軽い気持ちの荒らしが悪夢に。渡辺尚人(仮)さんの場合。

軽い気持ちの荒らしが悪夢に。渡辺尚人(仮)さんの場合。

軽い気持ちの荒らしが悪夢に。渡辺尚人(仮)さんの場合。

今日は荒らしコメントで自爆してしまった人の話。

ネットでは荒らしコメントをして楽しむ輩が少なからず存在します。
そうする事でストレスを発散したいのか知りませんが、軽率な行動によって大変痛い目を見てしまう可能性もあります。

今回はそんな話です。

スポンサーリンク




誹謗中傷コメントを書き込む

渡辺尚人(偽名)」さんはネットが趣味のやや引きこもり気味の青年。

尚人は、とある掲示板に誹謗中傷コメントを書き込みました。
書いた内容はバカやアホと言った内容で、2ちゃんねるなどでは毎日のように見るようなコメントです。

ちょっとした愉快犯的な軽い気持ちでの書き込みだったはずです。

普通ならそれ程大きなことにはならないはずでしたが、今回は大きなミスをしてしまいました。

IPアドレスからある程度地域を特定

通常Webサービスでカキコミを行った場合、管理人はIPアドレスが分かります。
IPアドレスはインターネットの住所のようなもので、大まかな地域までは特定する事が可能です。

書き込みを確認した管理人は、まずIPアドレスから地域を特定しました。
その結果兵庫県西宮市から接続されている事が分かりました。

さらにメールアドレスを登録していた事で本名まで確認

次に尚人はメールアドレスも記入してしまっていました。
そのメアドを元に管理人はネットで検索し、とあるサービスに本名登録をしていた事を確認します。

地域が同じで、メールアドレスに本名のローマ字記入。

家族の職場まで見つかってしまう

さらに同サービスでは家族も友達登録をしており、運が悪い事にその家族はとある会社を経営しており、そのホームページまで記載されていました。

その結果本人はもちろん家族までネットで晒される事になってしまいました…

知人から聞いた実話です

ブログ記事のため、若干大げさに書いた部分もありますが、荒らしコメントから本人を特定した所までは実話だそうです。
実際はWebでは公開していないそうなので、コメントを削除されただけらしいのですが。。

でもそういった軽い気持ちから出た行動で、悲惨な目に合った人は多いです。
バカッターなどその最たるものと言えるでしょう。

ネットは匿名とは言っても、やりようによっては簡単に特定されてしまう事は考えてみれば恐ろしい事です。

リスクもある事を重々承知の上で快適なネットライフを楽しみたいものです。

管理人より

当記事はライターさんに外注した記事をほぼ原文ママで載せています。
氏名、地域などはダミーである事をライターさんには確認しております。
万が一記事に問題がある場合は、コメント欄にてお知らせ下さい。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする