今年も秋冬の衣替えに向けてリサイクル

今年も秋冬の衣替えに向けてリサイクル

今年も秋冬の衣替えに向けてリサイクル

スポンサーリンク




今年も秋冬の衣替えに向けてリサイクル

メルカリなどに代表される売り買いのサイトも増えてきた昨今。

不用品の処分の仕方も多様化しています。

リサイクルという言葉ではない新しい呼び名も出てきそうな勢いですが、基本的には機械化が難しい「商品の査定」という作業がある以上、店頭へ持ち込んでの処分が一番有効に売ることができる方法だと思います。

私は長くブランド古着屋に勤めていたこともあって、どういうものをどこに売ったらいいのかを考えながら毎年お洋服の整理をしています。

今週末にざっくりとどんなものを売ろうかとクローゼットを掘り返したところ、去年から今年の春にかけて妊娠・出産があった為、もう使わない形やサイズの服が結構ありました。

いわゆるマタニティウエアではないのですが、元の体型に戻った今となっては絶対に着ないものなので迷わず売ることになります。

その時期にしか使わないので特にブランドではないお洋服を買いました。あまり使ってないもう絶対いらない服・・・それがリサイクルに出そうかなと思う一番のきっかけであると思いますが、そういうものほど売る時に特記事項がなく売りづらかったりするものです。

ブランドによって高額査定をするような所へ持ち込むと、捨て値で売らなければいけなかったり持ち帰らなければいけなかったりするので残念であり面倒であります。

流行りのサイト系も写真を撮ったりその物の情報を何て書こうかと考えたりと、便利でスマートなやり方のように見えてやはり面倒です。

しかもその労力報われずで売れないことが殆どです。私の今までの実績からすると一番売りやすいのはやっぱり大型のリサイクルショップです。

色んなタイプのお店に売りに回ってきましたが、1点1点の査定額というよりも全体として金額がそれなりに高いことと、持って帰る量が少ないことがその理由です。

そしてブランド古着屋ではもう流行りの去った評価が低いものなのに、大きなリサイクルショップだと査定をする方によって予想外の高評価になったりすることもたまにあって、ボーナスをもらえたような気分にもなれます。

リサイクルの老舗にはそんな良さもあります。
今年もうまく売れるように楽しみつつ、お洋服の仕分けをしたいと思います。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする