御朱印の魅力、若い女性に密かなブーム到来。

御朱印の魅力、若い女性に密かなブーム到来。

御朱印の魅力、若い女性に密かなブーム到来。

スポンサーリンク




御朱印の魅力、若い女性に密かなブーム到来。

御朱印とは

みなさん御朱印ってご存知ですか?
最近、若い女性の間で密かにブームになっているそうです。

朱印(しゅいん)は、主に神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる[1]。

複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)、御朱印帳(ごしゅいんちょう)[1]、納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと、和綴じ(和装本)のものが多く、寺社、仏具店、神具店や文房具店、書店などで販売されている。(ウィキペディア)

御朱印とは、神社やお寺に参拝した際に、参拝の証として押してもらうハンコのことです。
御朱印帳という専用の帳面に、参拝した日の日付、神社やお寺の名前を筆で書いてもらいその上からハンコを押してもらいます。

ハンコはそれぞれの神社やお寺によって、様々な形があり、個性があります。

ハンコが1つだけのところや、いくつも押してあるところ、お祀りしている戦国武将の家紋が入っているところなど、集めたくなる気持ちが分かりますよね!

戦国武将に目がないわたしは、徳川の家紋が入った御朱印がどうしても欲しくて、御朱印帳片手に1人旅に出たこともあります

御朱印が流行っている理由

さて、今どうして御朱印が流行っているのでしょうか?

歴女などと言う言葉ができ、わたしのように戦国武将好きな女性が増えたのも一つの理由かもしれません。

好きな武将の所縁の地めぐりをするなかで、城や城跡の近くにありその土地や、代々の城主を守ってきた神社を見つけ御朱印が欲しくなる!という流れはファン心理として理解できます。

また、専用の帳面に御朱印がたくさん押されページが埋まってくると、コンプリートしたくなるのが人間の心理ですよね。

好きなマンガを集めて手元に置きたくなるような、携帯アプリの流行りのゲームのような、そんな感覚ではないでしょうか?

御朱印はスタンプラリーやないよ!って神様に怒られそうですが…でも本当は…ものすごく世の中が便利になっている中で、できないこと、手に入らない物は昔に比べて少なくなってきました。

しかし!そんな現代でも昔と変わらず、どんなに望んでもうまくいかないことは必ずあるのです。

こんな世の中だからこそ、かなわないことへの恐怖や悲しみがより大きいのかもしれません。そんな気持ちを落ち着かせるために、神様に会いに行っているのかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする