とにかく靴が好き!その背景はとてもロマンチック

とにかく靴が好き!その背景はとてもロマンチック

とにかく靴が好き!その背景はとてもロマンチック

私は、アパレルの販売職を行っていました。
ドレスフロアを担当していたので、服装はスーツでした。
その中で、私を最も夢中にさせたのはドレスシューズです。

スポンサーリンク




世界の国によって靴のシルエットは全然違う

一言に革靴といってもお国柄によってデザインの違いはあります。
それこそ、靴好きであればパッと見れば、「ああっ、あれはあそこの靴だ・・。」
と分かってしまうほど大きな違いがあるのをご存知ない方も多いのではないかと思います。

大雑把に申し上げると、靴の特徴は、アメリカ・イギリス・イタリアの3国で紹介すると分かりやすいかと考えます。

じゃあ、何が違うの?それを説明致します。

先ほど、申し上げたアメリカ・イギリス・イタリアの違いについて説明致します。

まず、アメリカ靴は非常にボリューム感があって、フォーマルというよりはジャケットパンツスタイルやジーンズに合わせて使用するのが良いと思います。
なんとも言えないぽってりとしたデザインやタフな印象を感じるデザインとなっています。
これこそアメリカを感じさせるのはオールデンというブランドで非常に高額ですが履き心地も抜群の一生物だと思います。おすすめです。

続いて、イギリス靴についてですが、お国柄を表すような、スタンダードでありデザインも良くも悪くの汎用なデザインであるものが多いです。
適度にすっきりしたデザインはベーシックと表現するのが最もしっくりくるのではないでしょうか?
個人的には最もスーツと相性が抜群であると考えます。
日本でも適度な価格でコスパが高いクロケット&ジョーンズが有名ではないでしょうか?

最後が、イタリア靴を一言で申し上げると艶っぽいというイメージが強いです。そ
れこそレオンの表紙を飾るジローラモさんのように夜遊びには最も適した靴ではないでしょうか?
デザインもシュッと尖ったデザインや色もアメリカ・イギリスにはないような光沢感が高級感があります。
パーティー等には最高に適した靴だと思います。
サントーニが最もらしいデザインを提供していると思います。

他にも、日本・スペイン・フランス等々、挙げていけばキリがないくらい靴には歴史や背景があります。
また、良い靴は修理によって長い年月を共に年を重ねる事が出来ます。

まとめ

それこそ履き心地やそのブランドの歴史に触れていくともうたまらないと思います。
また、使い捨てではないので、リペアを重ねて靴の経年変化を楽しむのも大人の「粋」だと感じています。
靴好きの間ではお互いの靴を、「いいアジ出てますね」と褒め称え合うのもまた面白いです。
是非、たくさんの方にもっと靴を楽しんでもらえたらと願っています。
お洒落は足元からという言葉があるように、是非楽しんでいただければと思います。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする