高額な多ボタン式のマウスは作業効率が恐ろしいほどにあがる

高額な多ボタン式のマウスは作業効率が恐ろしいほどにあがる

高額な多ボタン式のマウスは作業効率が恐ろしいほどにあがる

スポンサーリンク




高額な多ボタン式のマウスは購入する意味があるの?

パソコン用のマウスと言えば、3ボタンの物があれば完全に事足りてしまいます
安い物であれば1000円もせず、5000円、時には10000円を超える値段を持つマウスには最初から目を向けない人が恐らくは大多数でしょう。
最近は家にパソコンがなく、就職して初めてパソコンを触ったという層も増えてきたため猶更です。
では、ああいった「値段の高いマウス」は本当に意味がないのでしょうか?

多ボタンマウスで出来る事は増えない

値段が高く高機能なマウスの多くは「セッティング可能な多数のボタン」を持っています。
中にはボタン数が通常と変わらず、より手にフィットして持ちやすかったり反応の良さが主眼の物もありますがここでは置いておきます。
FPSなどのゲーム目的ならそれもいいでしょうが、ここでは主題から離れますので。
で、通常の3つよりも多いボタンを持っている事により出来ることが増えるかと言うと、実は増えません。
パソコン上で可能な操作と言うのは特別がデバイスが無いと不可能、と言うのは逆にマズイですからね。

但し作業効率は恐ろしく上がる

ですがそれでも、高いお金を払って購入するだけの意味はあります。
マウスのボタンに普段から使うキーなどを割り振るだけで、作業効率が恐ろしいまでに上昇するからです。
例えば「コピー」「切り取り」「ペースト」「ENTER」の四つの作業はパソコンに触れている時間が長いならば数えきれないほどやる操作ではないでしょうか。
しかし文字列を反転選択した状態で右クリックしてメニューを出し……と言うのは一回二回ならともかく、何時間もやる作業となると結構手間が積み重なってきます。
ショートカットもあるにはあるのですが、キーボードにいちいち手を伸ばさないと行けません。
しかし、それらを全てマウスのボタンに設定することで、マウスを持つ手以外をテーブルの上に出さずに多くの作業が完結できるようになります
テキストを打ち込む必要のない作業であれば速度が本当に2倍になりますし、文章内にコピペを使う場合でも作業は多少楽になります。

注意点

こう言ったボタン割り振り機能は多くの場合インストールさせた制御アプリ上で設定します。
しかし設定ファイルがクラッシュして全てのボタン設定が吹き飛ぶという事故は十分にあり得るので、設定ファイルをエクスポートして保存して置けるタイプであればその作業はしておくべきでしょう。

またパソコンをセーフモードで立ち上げた時はそもそも高機能マウスが反応すらしないと言う事もあり得るため、手元で使っている3ボタンのマウスは壊れない限りはスペアとして取っておくべきでです。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする