サッカーを数倍楽しく見る方法(現代サッカーのトレンド)

サッカーを数倍楽しく見る方法(現代サッカーのトレンド)

サッカーを数倍楽しく見る方法(現代サッカーのトレンド)

スポンサーリンク




サッカーを数倍楽しく見る方法(現代サッカーのトレンド)

世界基準との違い

テレビで海外トップリーグの試合を見たあとにJリーグの試合を見るとなんとも言えない違和感を感じることはないでしょうか?
迫力に欠ける、体格が違うからと様々な理由がありますが一番はパスのスピードの違うんです。
圧倒的に世界トップリーグの方が速いんです。
サッカー用語ではボールスピードと呼ばれています。今後、サッカーを見る機会があれば選手のボールスピードに注目して下さい。
速いパスを正確に味方に出す技術、そのパスを正確にトラップ(止める)する技術が日本人選手と世界のトップ選手とでは差があることに気が付くはずです。

サッカー最新トレンド

サッカーにおける戦術は様々です。
時代によりトレンドもあります。
1~2年前はスペインのFCバルセロナに代表されるパスサッカーがトレンドでした。
日本代表でも細かいパスを使い相手ディフェンスを突破する戦術を採用していました。
ザックJAPANと呼ばれていましたね。
パスが沢山繋がりゴールが決まると見ている方も楽しいです。

しかし、今はパスサッカーよりも手数をかけずにシンプルにゴールを目指すサッカーがトレンドとなっています。
簡単に言うとフィジカルが重視される傾向にあります。
走るスピードと当たり負けしない強靭な身体がないと世界のトッププレーヤーにはなれないのです。
もちろん確かな技術を備わっていることを前提としたうえでの話です。
そんなトレンドの中にあってブレないのがFCバルセロナです。
伝統的なパスサッカーが勝つのかトレンドとなっているシンプルに速いサッカーが勝つのか一つの見所です。

日本が目指すサッカーとは?

試合後、日本人選手のインタビューで自分達のサッカーというフレーズをよく耳にします。
この自分達のサッカーとは一体どういうサッカーなんでしょう。
日本はサッカー後進国です。
歴史も浅くまだ確固たるスタイルを確立できていません。
かたや世界の強豪国を見てみると時代が変わってもスタイルは継承されています。
オランダはトータルフットボール、イタリアは堅守、スペインはパスサッカー等。

では日本はどうでしょうか?

監督が変わる度にスタイルも変わります。
基礎となるベースの部分がないのです。
私は日本人特有の俊敏さと規律を重視する勤勉さをベースにスタイルを確立することが一番だと思います。
そこに監督のやりたいことをプラスすれば良いのです。
日本が世界で戦う為には自分達のスタイルを確立することが必要不可欠です。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする