コリジョンルールについて

コリジョンルールについて

コリジョンルールについて

スポンサーリンク




コリジョンルールについて

プロ野球でも今シーズンから走者が本塁投入の際に、キャッチャーが走者の走路をふさぐことを禁止するコリジョンルールが取り入れられました。

衝突ルール(しょうとつルール)は、衝突防止のための野球規則をいう。コリジョンルール(collision rule)ともいう。メジャーリーグベースボール(MLB)では導入のきっかけとなった選手の名前からとって、ポージー・ルールと呼ばれる。

衝突ルールは、公認野球規則6.01(i)項に規定されている。

規則の大要は、本塁での衝突プレイについて、

  1. 得点しようとしている走者が、走路をブロックしていない捕手または野手に接触しようとして、または避けられたにもかかわらず最初から接触をもくろんで、走路を外れることを禁じる
  2. ボールを保持していない捕手が、得点しようとしている走者の走路をブロックする行為を禁じるである。1の場合は走者にアウトを宣告し、ボールデッドとなって、他のすべての走者は接触発生の時点で占有していた塁まで戻らなければならない。2の場合は走者にセーフを宣告する。

    MLBで採用された最初のシーズンは、本塁の判定に関しビデオ判定が92回行われ判定が覆った事が11回あった。中には明らかにアウトのタイミングにも関わらず「捕手が走路をふさいだから」としてセーフになるなど、物議をかもすことも少なくなかった。2014年9月にMLB機構の野球運営部門が「捕手がボールを持っていない状態で本塁をブロックしたとしても、意図的に走路を妨害した明らかな証拠がなければ、走者をセーフにしないように」と通達し曖昧なルールに一定の基準が設けられた[1]。

    日本プロ野球(NPB)では、規則を導入した2016年当初の運用・適用に対し意見書があったことから、同年7月に実行委員会で見直しが検討され[2][3][4]、22日より新たな運用基準が適用された
    (ウィキペディアより)

このルールが採用された背景には本塁でのいわゆるクロスプレーにおける走者とキャッチャーの肉体的交錯によって両者がけがをするリスクを取り除くためというものがあります。

このルールに関して、プロ野球の現場や解説者、ファンなどでも論争にもなりましたし、このルールが実際に使われた試合でも疑問を抱かせるような判定がありました。

コリジョンルール反対派の意見としては、野球の醍醐味がなくなるというものが中心でしたが、私はこのルールに関しては賛成の立場です。

なぜなら野球選手は球団にとってもファンにとっても財産でもあります。

その財産を不要なリスクで傷つけるようなことはできるだけ避けてほしいというのが主な理由です。

そして、今はなんだかんだ問題も多いですが、これから実用されていくうちに適切で納得のできるルールとして形を整えていくと思います。

そうなっていけば、今野球に夢中になっている子供たちにとってもキャッチャーはもともと不人気なポジションでもあり、試合によって危険なポジションであるという認識があったものが、変わっていくかもしれません。

そうなれば今の日本球界が抱える若手で有望なキャッチャー不足という問題も長期的に見れば解決されるのではないでしょうか。

今はまだ選手からも反発する意見なども出てきてはいますが、ルールの整備は、ある程度運用期間を設けないと難しい部分もありますので、いい方向に変化している途中であるということで、うまく適応してほしいと思います。

いろいろと問題を抱えているコリジョンルールですが、私は将来的にあってよかったルールであるといわれると確信しています。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする