高校野球は、感動と青春が似合うスポーツです

高校野球は、感動と青春が似合うスポーツです

高校野球は、感動と青春が似合うスポーツです

スポンサーリンク




高校野球は、感動と青春が似合うスポーツです

スポーツは、日本では人気があり種類が多いのも特徴です。
中でも、球技は、団体競技が基本でありプレーする選手、観戦するお客が楽しめます。
また、アマチュアからプロまで球技スポーツはあり、魅力は尽きません。
中でも、アマチュアは10代の選手がプレーする世界であり1番成長しやすい年代です。
汗、涙、血を流しボールに打ち込む10代は、青春と呼ぶのにふさわしい時になります。
そんな青春時代に、熱く魅了するスポーツと言えば、やはり高校野球が挙げられます。

高校野球は、甲子園に出る事が難しい世界

現在、高校野球をしている学校は、全国に4000校近くあり毎日練習に励みます。
公立校から私立校まで、野球部は人気の球技として注目されやすいです。
しかし、高校野球といっても目標である甲子園を目指すのは私立高校が大半を占めます。
公立高校は、現在勉強とスポーツの両立が基本として行われているようです。
そのため、野球だけに力を注ぎ甲子園を目的に練習する事はありません。
逆に、私立高校では、スポーツ部は県や全国レベルが多く目標も大きくなります。

また、チームを強くするために、県外から上手な選手を集めれる特待生制度があります。
特待生制度は、特別な選手に与えられる特権でお金の免除などがあるようです。
でも、特待生が多い学校でも、野球の甲子園へ出る事は、決して簡単ではなく難しくなります。
高校で甲子園に出るチャンスは、5回あり1年生の夏、2年生の春、夏、3年生の春、夏だけです。

高校野球で活躍すれば、プロへの道が開かれる

まず、甲子園に出れる高校は、県予選を勝ち抜き優勝する事が条件になります。
しかし、全国の都道府県には、参加している高校が少ない県と多い県があります。
人口が多い県になると、150校を超える学校が戦うため優勝する事は大変です。
優勝するために、8試合を勝ち抜くケースもあり本当に力がある学校が甲子園へ出れます。
そして、甲子園に出場しても、全国の強豪校が集まるため厳しい戦いが続きます。
甲子園は、奇跡、感動、興奮などを与えてくれるアマチュア野球の聖地です。

この場所で試合を行う事は、選手にとってうれしく思い出に残ります。
また、選手の中には、活躍してプロから注目を浴びるケースがあります。
アマチュアからプロになるためには、甲子園で活躍する事が最短距離です。
現在、プロでプレーする選手の多くは、甲子園経験者が多く注目された実績があります。
プロへ行きたい人は、私立の名門校へ入り甲子園を目指す事がオススメです。

まとめ

高校野球は、今年も熱戦や感動がありファンを喜ばせてくれました。
甲子園は、選手だけじゃなく応援する地元の人達も熱が入ります。
アマチュア野球の聖地で、試合を行う高校は県の代表だけです。
全国の予選を勝ち抜き汗、涙、血を流しチームが出場して、観客を魅了してくれます。
青春が似合う高校野球ファンは多く、年齢関係なく楽しめるのが甲子園です。
毎年、いい試合が行われ凄い選手も登場する甲子園は、スターの原石がいる場所と言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする