読書を「ただ読んだだけ」にしない方法

読書を「ただ読んだだけ」にしない方法

読書を「ただ読んだだけ」にしない方法

スポンサーリンク




ただ読んだだけで終わらせない読書法

本を読んでも、読み終えた達成感だけで、その本で得られる知識や内容が定着しないと感じたことはありませんか。
それもそのはず、読書の達人たちはただ読んでいるだけではなく、独自の読書法を使っているそうです。
では、その読書法とは、一体どのような方法なのでしょう。

本を選ぶ時に目的を考えてみる

本を選ぶ際、何の目的もなく選ぶのは、最も良くありません。
誰かの薦めや人気があるという理由で選んだ場合、自分が何を得たくて読んだのかという目的がないので、文字を眺めるだけで中々頭に入ってこないのです。
明確な目的を持って選んだ本の場合、目的意識が働くため、知識が定着しやすくなります。

読書に関わらず、重要な文章に線を引いただけでは、記憶には残りません。
線を引くのであれば、その時の自分の考えなどを書き込むようにしましょう。
そこに線を引いた意味を分かるようにしておくことが重要になります。

目次に目を通す

目次を飛ばし、本文を読む方は意外と多いものですが、文章の構成、ストーリー展開が目次から読み取れるので、目次にも目を通しましょう。
本文を読んだ時の理解度が深くなり、頭に入りやすくなります。

読んだ感想をアウトプットさせる

本を読んだだけで、内容を自分のものにすることは難しいものです。
どんな形でも良いので、その内容をアウトプットすることが大事です。
感想文は書きながら記憶を整理でき、内容に対する自分の考えもまとまるので、知識の定着に非常に効果があります。

ただ読むのは気楽ではありますが、記憶には残りません。
意識して考えて読み、アウトプットすることで、始めて自分の知識になります。
有意義な読書ライフを送るためにも、ぜひ今日から実践してみてください。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする