漫画原作について想像すること

漫画原作について想像すること

漫画原作について想像すること

スポンサーリンク




漫画原作について想像すること

私が子供のころ、漫画雑誌に掲載されている漫画には、けっこうな割合で原作がついていました。

表紙に「原作×× 漫画〇〇」と書かれていたものです。

それがいつのころからでしょうか。
小池一夫とかのビッグネームは別として、原作者の書いてある漫画は消えてしまいました。

私はそれを、今の漫画はみなマンガ家がストーリーまで考えて描くので、原作者は不要になったのだ、と思っていました。

でも、どうやらそうではないようです。

数年前、ある女性向けのコミック誌で、こんなことがありました。

同じ原作を間違ってふたりの漫画家に送ってしまい、同じストーリーの漫画がふたつできてしまったのです

それなら一方を没にすればよいものを、
「同じ原作を、ふたりの漫画家さんがどのように演出したか、お楽しみください」
という苦しい言い訳をして、ふたつとも掲載していました。

私はそれを見て、ああ、今でも漫画の原作はあるのだな、ただ、表に出ないだけなのだな、と思ったのでした。

ではなぜ原作者の名前が消えたのか。
三つの原因を想像しました。

一つ目は、原作者の地位が低下したのだろう、ということ。原作者ばかりではありません。アシスタントの地位も低下し、作品に名前が出ることはなくなりました。

二つ目は、原作というものが単におおまかなストーリーを提供しているだけ、ということ。つまり原作ではなく原案ということ。先の例では、同じ原作なのに、セリフも物語の細部もけっこう別物でした。漫画にとって原作とはその程度のもの、と見なされているのではないでしょうか。

三つ目。これは本当にもう勝手な想像に過ぎないのですが、読み切り連載の場合、原作者が複数いるのではないか、ということ。テレビドラマでも、一話完結型の場合、毎回シナリオライターが違う、といいうことはよくあることです。

これと同じことが漫画でもあるのではないのかな。だから、毎回違う原作者をいちいち明記したりはしない。

そういうことではないかと思うのです。
どれも勝手な想像にすぎません。ご笑読あれ。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする