SF作家菊地秀行の小説をタイトル別に見所を紹介

SF作家菊地秀行の小説をタイトル別に見所を紹介

SF作家菊地秀行の小説をタイトル別に見所を紹介

スポンサーリンク




SF作家菊地秀行の小説をタイトル別に見所を紹介

菊地秀行と言えば、誰もが知っている小説家と言いたいのですが、そうとは限りません。
もちろん、SF小説を読む読者の中で知らない者はおりません。
読書の分野が違えば、全く読んだことがない方がおられるのは必然です。
彼の作品で、代表的な物に吸血鬼シリーズのバンパイヤーハンターDと魔界都市新宿シリーズとエイリアンシリーズがあります。
この3つは現在も進行中の作品です。

バンパイヤーハンターDを簡単に紹介します

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

D-貴族祭 (朝日文庫ソノラマセレクション) [ 菊地秀行 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

主人公のDは貴族(吸血鬼)と人間との混血児でそれをバンピールと呼びます。
世界は超か学力を持つ貴族によって人間をも支配しています。
しかし、何故かその科学文明が滅びの道をたどっているのです。
貴族はその能力と吸血の恐怖で人々に恐怖支配しています。
彼の生業はプロの吸血鬼ハンターで、金で請け負い異種世界を旅しています。
彼の左手には他の人格が寄生しており、話しをし豊富な知識を有しています。
しかし、彼の本来の目的は、神祖と恐れあがめられる貴族の総帥を倒すことです
彼はその神祖の血を受け継いでだ唯一のバンビールなのです。
この世とも思えぬ美貌の青年で超越した能力で戦いを続けます。

魔界都市新宿の紹介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

屍剣士団 魔界都市〈新宿〉 (朝日ノベルズ) [ 菊地秀行 ]
価格:993円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

日本で新宿だけが維持現世買いの魔界と化した話です。
常識では、考えられない魔界都市新宿は、妖獣がうろつき、不思議な能力を持つ人々や、吸血一族の住む小林住宅などが普通に存在します。
シリーズの中で、魔界医師メフィストは代表的な主人公です。
彼は白いケープの怪しい美貌の青年で、その医術は悪魔的レベルです。
新宿で起こる奇妙な現症で見た事もない病気と怪我を不思議な能力で治します。
彼の操る針金は、無限に変化する武器ととなります。
彼に関連する人々、魔道師トヤ、人形娘、美貌の人探し家など、個性豊かなキャラクター
が自験に関わります。

エイリアンシリーズの紹介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エイリアン孤島鬼談 (朝日ノベルズ) [ 菊地秀行 ]
価格:1015円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

主人公の八頭大(やがしら だい)は高校生でありながら、世界的なトレジャー・ハンターです
八頭一族は代々トレジャー・ハンターでその財産は国家レベルです。
一国の大統領に命令口調で話します。
宝探しに出る時の、彼の装備は、ハイテクを超えた最新秘密兵器ばかりです。
実在する武器や、まだ開発中の武器まで登場します。
彼は多くの格闘術と超人的体力と頭脳の持ち主で、危険をことごとく回避していきます。
同じくトレジャー・ハンターの血筋で、超エロチックな太宰ゆきに振り回されながら、宝探しに挑みます。
この3つが一番長く続けられている人気作品です。
その他のに短編に魔人学園など、怪人を主人公にした作品が多く出ています。
作品中のエロチックシーンはかなり濃厚で、これが女性と未成年者には好まれない原因です。
バンパイヤーハンターDだけが、エロシックなシーンはありません。
しかし、彼の叙情的な文章も奇抜な想像力は、どのSF映画よりも、高度でずば抜けています。
彼のアイデアを模倣したような映画もちらちら見かけます。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする