趣味がプラモデルって子供っぽい? 模型制作のススメ

趣味がプラモデルって子供っぽい? 模型制作のススメ

趣味がプラモデルって子供っぽい? 模型制作のススメ

スポンサーリンク




趣味がプラモデルって子供っぽい? 模型制作のススメ

模型に興味のない方から返ってくる反応ですが、実際には役に立つ部分もあるんですよ。
組み立てる手順に沿って挙げていきましょう。

開封

まず箱を空けます。
今、バカだと思いました?正解ですが続きがあります。
袋に入ったランナー(枠に部品の付いた物)がいくつかあるので、袋のまま中の部品をチェックし、全ての部品が入っているかを確認します。(説明書に部品の一欄があるのでそれを参照します)
不良品対策なんですが、組み立て始めてからだと交換に応じてくれないお店もあるので要注意です。
付属品のチェックは他の商品でも重要で、開封してすぐチェックする事で無駄な消費を抑える事につながります。

内袋を開ける

さあ作ろう!と思いがちですが、まずは説明書に目を通しましょう。
説明書の順序として、部分の組み立て→部分同士の組み立て→全体の組み立て→変形等可動や組み換えの説明、というパターンが多いですが、どこがどう動くのか分らないと間違ってしまう場合もあります
接着しながらだったりすると大惨事になりますので先に一通りの内容を把握する必要があるわけです。
どの部分がどこに行くのか、どこにどういう仕組みがあるのか、など、書類作成やホームページ作成のレイアウトに通じる部分があります。

パーツ切り出し

さて、部品もあるし、説明書にも目を通した。作ろう!
ちょっと待ってください。まさか手でもぐつもりですか?それだと部品がはまらず苦労しますよ?文明人らしく道具を使いましょう。
部品を切り取るのは模型用ニッパーが便利です。

切り口が平らになりますので、電気工事用ニッパーなどより綺麗に切れます。
説明書を見て部品の形状を確認しながらゲート(ランナーと部品を繋ぐ部分)を少し残して切り取ります。その際全部の部品を切るのではなく、その工程で使う物のみを切ります。(全部切ってしまうと立体パズルになり余計な時間を取られるので注意)
続いてデザインナイフ(100均のもので十分です)を使い残ったゲートを削ります。カッターでもかまいませんが、刃先の厚みの分汚くなりがちです。
何の役に立つんだよ…と思うかもしれませんが、部品を切り取る慎重さと指先の感覚も、いろんな局面で役に立ちます。
不器用と思っている方はこの部分が欠けている場合が多いですが、何度も作る事で徐々に鍛えられますので、一年もすれば人並みに器用になるのではないでしょうか。

組み立て

さて、切り取った部品を組んでいきますが、方向や角度など決まっているため、パズルに近い感覚で楽しめます。
この部品はここに来るのか、など想定外の組み方もあり、模型作成の醍醐味となる工程と言えるでしょう。

完成

切り出しと組み立てを繰り返す事でようやく完成に至るわけですが、
この辺りは料理に近く、レシピ(説明書)を見ながら、素材(部品)を加工し、調理(組み立て)する。と思っていただくとわかりやすいと思います。
模型を作る男性は料理も得意な場合が多いですが、この辺りが関係しているのかもしれません。

今回は素組(買ってそのまま組み立てる)について書きましたが、塗装は化粧やネイルに繋がりますので、仕上げに関しては女性の方が上手い場合もあると思います。

皆さんも、簡単な物でいいので試しに作ってみてはいかがでしょうか?
ロボットや車、戦闘機や戦車などが定番ではありますが、ゆるいキャラクター、ポケットなモンスター、浦安関連、ジェダイ関連など様々な物が発売されておりますし、お好みの物が見つかるはずです。
指先を使うとボケ防止になると言いますしね。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする