秋冬に寝相の悪い子どもを寝冷えから守る方法

秋冬に寝相の悪い子どもを寝冷えから守る方法

秋冬に寝相の悪い子どもを寝冷えから守る方法

スポンサーリンク




秋冬に寝相の悪い子どもを寝冷えから守る方法

自分の布団で眠りに就いたはずなのに、夜中になると布団を飛び出し、何もかけずに寝ている4歳の息子。

布団をかけてやったそばから蹴ったり、ゴロゴロ転がって布団の外へ出たりします。
そこで心配になるのが、寝冷えです。

風邪を引いてはいけないと、夜中に何度も布団をかけ直す親御さんは多いと思います。
そこで、秋冬に寝相の悪い子どもを寝冷えから守る方法について今回は書いていきます。

子供の特徴を知ろう

寝冷え対策の話に入る前に、睡眠中の子どもの特徴を知っておきましょう。
これが分かると、寝冷え対策のヒントが見えてきます。

体温が高い

子供の体温は高い

子供の体温は高い

子どもは大人よりも体温が高いので、自分の体温で充分布団が温まります。
そして、暑がりであることを忘れてはいけません。

手足から熱を放出

子供は手足から熱を放出している

子供の眠いサインは手足から

眠いサインは、手足に現れます。
手足から熱を放出して体温を下げることで、眠りに入るからです。

汗をかく

寝ている時は汗がたくさん出る

寝ている時は汗がたくさん出る

睡眠中にたくさん汗をかきます。
この汗が布団にこもって冷えると、風邪を引く原因になります。

うっとうしいものが嫌い

子供が嫌いなもの

子供が嫌いなもの

子どもは、重たい布団や窮屈なパジャマを嫌います。
それらを排除しようとすることで寝相が悪くなります。

具体的な寝冷え対策

寝室の環境

寒くないかと心配して、暖房を点けっ放しで寝ていないでしょうか
子どもは体温が高く暑がりなので、就寝前に暖房は切りましょう
暖房によって空気が乾燥し、喉を傷めて風邪を引くこともありますから。

寝具の素材

寝具は、毛足の長いものばかりでは暑すぎてしまいます。
ボアシーツにボアの枕カバー、厚手の毛布なんてことだと、汗をかきやすく、乾燥しづらいです。
冬でもサラッとした綿素材のシーツや枕カバーを使い、掛け布団は軽く速乾性に優れた羽毛が良いです。
毛布の下にタオルケットを一枚入れると、通気性が向上し寝心地がよくなります。

服装

就寝時の服装は、汗が冷えて風邪を引かない様、通気性と吸水性に優れた肌着や寝巻を選びましょう。
そして、お腹が出ないように上着の裾はズボンにインしまいましょう。
手足で体温調節をするので、靴下は必要ありません。

普段から薄着を

子どもは風の子と言うように、寒さに強いのが子どもです。
過保護になって厚着をさせていると、免疫力が低下してしまいます。
薄着で寒さに慣れ、強い身体をつくれれば、免疫力が向上し、少々冷えても風邪を引きにくくなります。

子供を心配して、つい温めようとしてしまうその行為が、寝冷えにつながることがあります。
大人と子どもはちょっと違うことを頭に入れ、寝冷え対策をしましょう。

The following two tabs change content below.
ユミコ
ユミコ
40代主婦です。占いが好きで、20年以上色々な占いの本を購入して研究しています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする