日本のジュラシックワール福井駅が凄い!

日本のジュラシックワール福井が凄い!

日本のジュラシックワール福井が凄い!

スポンサーリンク




日本のジュラシックワール福井が凄い!

仕事柄、日本全国に転勤に行く事が多い。

地方都市のターミナル駅というものはどこも大同小異で、初めて降り立った駅でも感動や発見は少ない。

しかし、駅を降りるやいなや驚愕を受けたとあ地方都市がある。福井県の県庁所在地であり、北陸新幹線の停車駅でもある「福井駅」だ。

福井のイメージとは?

福井といえば?馴染みが無い人からすると、明白に思いつく共通言語のような特産品や観光名所は思いつか無い人が多いのではないだろうか。

北陸最大の都市は石川県金沢であり、正直あまりイメージがわかなかった。

「恐竜の街」福井

福井駅を降りまず眼前に入ったのが白衣を着た恐竜だった。
人間と同じほどのサイズの肉食恐竜のような人形が、二足歩行で白衣を着た状態で、当たり前のように駅のホームのベンチに座っていたのだ。
なんだこれは?ホームから改札に向かう階段にも恐竜、恐竜、恐竜だ。そう、福井は「恐竜の街」なのだ。

福井県にある恐竜博物館は、世界的にも有名な恐竜ミュージアムであり、福井県で多くの新種の恐竜が発見されたているのだ。
電車を降り、改札から外に出るまでのわずかな道のりだけで、一体何頭の恐竜がお出迎えしてくれたのだろうか。

福井の驚きはこれだけで終わらない

日本のジュラシックワールド福井は「駅ナカ」だけでも充分に堪能できた。しかし、驚きはこれだけでは終わらなかった。
改札を出て駅前に出ると、巨大な恐竜が生きているように動いている。

大阪ユニバーサルスタジオジャパンのジュラシックパークライドの中からそのまま連れてきたような。
恐竜のロボットが我が物顔でお出迎えをしてくれる。

日本中探してもここまでインパクトのある駅前ターミナルは無い。

その後じっくりと福井のグルメや酒を堪能したが、とにかく福井は駅前ターミナルのインパクトがすごかった。
是非、一度訪れるべき街である。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする