人気急上昇の離島・伊良部島の人気の秘密と楽しみ方

http://irafu.com/

http://irafu.com/

スポンサーリンク




人気急上昇の離島・伊良部島の人気の秘密と楽しみ方

景気が回復してきた影響か、はたまた、
日頃のストレス解消で癒やしを求めてなのかはわかりませんけど、
ここ数年、また「離島への小旅行」がブームになっています。

その離島の中でも、楽天トラベルが発表した「2015年夏、人気急上昇の離島ランキング」で堂々の第一位に輝いたのは、
沖縄県・伊良部島】です。
上昇率は前年比「+235.6%」と驚異的な数字を出しており、その後も、2016年は6位と連続して人気急上昇な離島なのです。

伊良部島(いらぶじま)は、宮古島の更に離島で、今までは宮古島の旅行のついでに立ち寄る島、という位置づけくらいの島でした。
離島の中の離島で、沖縄で有名なのは「西表島」でした。この島は、石垣島の離島でありながら、人気の離島としてずっと君臨しておりましたが、近年は逆転しています。
その理由を解説したいと思います。

沖縄県の離島

https://www.ritou.com/miyako/irabu.shtml

https://www.ritou.com/miyako/irabu.shtml

沖縄県には大小合わせて160くらいの離島がありますが、その中でも有人(人が住んでいる)離島は、48あります。
大きく分けて3つの地域に別れます。
1、沖縄本島周辺:29
2、宮古諸島周辺:8
3、八重山諸島周辺:11
その中でも今回は宮古諸島にある「伊良部島」に注目していきたいと思います。

伊良部島ってどんな島?

http://imagic.qee.jp/sima4/okinawa/irabujima.html

http://imagic.qee.jp/sima4/okinawa/irabujima.html

伊良部(いらぶ)島は、よく沖永良部(おきのえらぶ)島と混同されます。
沖永良部島は、かなり沖縄県に近いけど、「鹿児島県」の離島です。
沖縄本島の北部にある「与論島」よりも少し鹿児島よりに位置しています。
間違えられるのは、読み方が似ているせいでしょう。

伊良部島は、沖縄県宮古島の離島にあたり、2015年に宮古島とつながる橋・伊良部大橋が開通しました。
全長3,540mで、通行料無料の橋としては最長です。
人気の急上昇の理由に大きく貢献したのが、この橋の開通でしょう。

人口は6000人程度で、大きさも車で一周しても2時間もかからない小さな島です。
ダイビングスポットとして「青の洞窟」が有名で、人魚伝説がある「通り池・鍋底池」はパワースポットとしても人気が高いです。
特産物としては、「うずまきパン」が有名です。砂糖たっぷりの渦巻状のパンは見た目にもボリューミーで、話題性も抜群です。
下地島空港という訓練専用の空港があり、運が良ければ「タッチアンドゴー」と呼ばれる離着陸の訓練飛行が間近で見られます。
自分の頭上を飛行機が飛んでいくのは圧巻で飛行機マニアだけではく、一般の人にも人気スポットです。

まとめ

たくさんの離島があり、それぞれ魅力はありますが、究極の癒やしを提供できるのは、伊良部島がダントツでしょう。
海の透明度だけではなく、手付かずの自然のなかで静かな時を過ごす。
これこそ、最高の癒やし・最強の贅沢ではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする