最近のHPと昔のホームページの違う所

最近のHPと昔のホームページの違う所

最近のHPと昔のホームページの違う所

スポンサーリンク




HPの歴史は古い

簡単に編集、更新が可能なブログの登場

HPの歴史は古く、インターネットが普及してから、すぐに広まりました。

その後、ブログが、流行しました。
ブログは、簡易ウエブログの事であり、HPの簡易版と言っても差支えがないです。

かつてのHPは、会社名、会社概要、沿革、事業内容、販売商品や取り扱いサービス等の記載だけでした。
例えるなら、会社パンフレットのインターネット版です。

HPの訪問者もそれらの情報を求めていましたし、実際、それらの情報で満足する人々が、ほとんどだったでしょう。

時は流れ、ユーザー同士が繋がり、個人が情報発信できるSNSの流行

しかし、時が流れ、世間ではソーシャルネットワークサービス、通称SNSを使う人々が、ほとんどになりました。

典型的な事例を挙げますと、YOUTUBE、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ミクシィ、ヴァイン等です。

これらのSNSは、繋がることが簡単ですし、個人が、情報を簡単に発信することが出来ます。

最近のホームページはSNSを複数取り入れる事が主流に

最近のHPは、こういうSNSを複数取り入れるのが、普通になっています。
例えば、フェイスブックのいいねボタンの回数を埋め込んだり、YOUTUBE動画を埋め込んだりしています。

かつてのHPと違い、閲覧者は、口コミや社員からの生の声を求めているのです。
また、時と場合によっては、SNSで繋がり、社員や関係者、利用者や購買者から、情報をもっと引き出すケースもあります。
これが、現代のHPに求められるスタンダードです。
最近、HPを見ると、こういうHPが普通になっており、以前とだいぶ変わったなと感じます。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする