選挙が終りましたね。結局今回の選挙の焦点ってどこだったんだ?

選挙が終りましたね。結局今回の選挙の焦点ってどこだったんだ?

選挙が終りましたね。結局今回の選挙の焦点ってどこだったんだ?

結局今回の選挙の焦点ってどこだったんだ?そう言いたくなるような選挙でしたね。
自民党はアベノミクスが成功したと喜んでいます。
しかしあれも数字のマジックと言う奴で末端のところまで取材に行ってデータ化したわけではありません。

つまり自民党の都合の良いデータを寄せ集め、アベノミクス成功と詠っているだけではそんなイメージを持つ選挙でした。

もう一つの焦点は18歳選挙権の最初の選挙だったこと、
それから都知事選のゴタゴタと参議院選挙が悪い意味でバッティングしたことが挙げられます。

中には参議院選を都知事選と勘違いしている人が多いと言う事が解りました。
確かにニュースも桝添要一をやたらと目の敵にして取り上げたので見ている人には区別がつかないまま7月10日を迎えてしまったと感じます。

今回選挙終了後には憲法にいよいよ手を付けると言われています。特に憲法9条に手を付け日本が戦争に出兵しやすく改憲するのではと言う穿った見方をする政治評論家もいます。
確かに今回の選挙の結果で安部総理は相当何でも出来るイメージを持っているはずです。

独裁色が強くならないことを祈るばかりではありますね。
過去にもありましたがPKOの時にもなんだかんだと理由を付け、戦争に自衛隊をかり出してしまった過去がありますからね。
日本はずっとアメリカの言うことを聞いてきたので自分でやってごらんというとなかなか難しいだからこそ簡単に理由を付けて戦争という選択肢を選んでしまいそうですよね。

安部総理の判断がどうなのか見届ける期間となります。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク