江戸時代の通貨の数字を知り時代小説を読むスタイル。

江戸時代の通貨の数字を知り時代小説を読むスタイル。

江戸時代の通貨の数字を知り時代小説を読むスタイル。

スポンサーリンク




江戸時代の通貨の数字を知り時代小説を読むスタイル。

江戸時代には三種の通貨が流通しました。
金貨銀貨銅貨です。

金貨の単位は両、銀貨の単位は匁、銅貨の単位は文です。
このうち、銀貨は主に関西で使われたようです。

これら三種の通貨は、今で言えば、円とドルとユーロが国内で通用していたようなものでした。

1円をいくつ積み重ねても、どこかで1ドルに繰り上がるわけではありませんね。

同様に、1文をいくつ積み重ねようと、どこかで1両に繰り上がるわけではないのです。

ただし、現在でも銀行に行けば、その日の為替レートで、円、ドルを両替できるように、江戸時代も、両替商に持ちこめば、両と文を交換できました。

江戸時代の1両は今ではいくらくらい

さて、気になるのは、江戸時代の1両というのは、現代ではいくらに相当するのか、ということです。
これは大変難しい。

江戸時代と現代では、存在する商品が違っていますし、同じ商品でも、まるで価値観が異なっているからです。

ただ、そんなことを言っていては身もふたもないので、私が時代小説を読むとき頭に置いている換算表を紹介しましょう。

江戸時代の大工さんの日当が約500文でした。ひと月に、雨の日を除いて20日働くとすると、1万文の収入です。

1両を5000文とすると、ひと月で2両ということです。これを40万円とします。

つまり、1両を20万円とするわけです。ここから江戸時代の大工さんの年収が480万円。

必要に応じて残業をしたので、実際の収入はもう少し多い。

どうでしょう、けっこう説得力がある数字だと思うのですが。

この換算で、1文が40円となります。
江戸時代の屋台の蕎麦が18文ですから、720円。

これは現代の屋台のラーメンに相当すると考えれば、さほど的外れではないでしょう。

こんな数字を頭に置いて時代小説を読むと、またひとつ楽しみが増えるのではありませんか。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする