健康保険制度がだんだんと危うくなっていく

健康保険制度がだんだんと危うくなっていく

健康保険制度がだんだんと危うくなっていく

日本は国民皆保険制度で、三割負担で医療が受けられる、と言われています。

あまり誰も言わないことですが、これには欺瞞があります。
なぜなら、保険料の支払い分が入っていないからです。

健康保険料の欺瞞

たとえば、毎月2万円の健康保険料を支払っているサラリーマンが、風邪をひいて医者にかかったとしましょう。

keisan

そして、診察料と薬代で1万円かかったとします。
自己負担は三割ですから、本当は3万円余かかるところが、1万円ですんだ。

これは間違いないことです。

しかし、毎月の健康保険料の2万円を加えると、合計で3万円の支払い、つまり十割負担していることになります。

もちろんだから保険制度に反対なんてことを言っているわけではないんですよ。

保険料と医療費を合わせれば相当な負担額に

nimotu

ここで言いたいのは、国民皆保険制度というのは、皆が健康保険料を支払っていて、保険料と医療費を合わせれば相当の負担をしている、ということなんです。

そして、今、この当たり前の事実が軽視されているのではないか、と感じられるようになってきているのです。

保険対象外への流れに対する危機感

最近新聞で読んだのですが、何とかのお偉いさんたちが審議して、湿布薬を保険の対象から外そうとしているそうです。

そのような、町の薬店でも買えるようなものを保険でまかなう必要なない、という主旨らしいです。

冗談じゃありません。
町の整形外科へ行ってごらんなさい。
どれだけの人が湿布薬に頼っていることか。

歳をとって、やれ腰が痛い、肩が痛い、でも根本的に治療法はない。
痛いときには湿布薬を貼って、対処する。そんな人だらけですよ。

先にも書いたように、皆が保険料を支払っているのです。

医療費と合わせれば、実に多額のお金を負担しているのです。
なのに上から目線で、けしからんから保険の対象から外そう、なんて言っている。

たとえ話ですが、高い会費を払ってデパートの会員になっているとします。
割引価格で買い物ができる、という言葉につられて、会員になったのです。なのに、いざ買い物で割引を受けようとしたら、

「お客さま、日用品は会員割引の対象外となっております。高額商品のみが、割引対象でございます」

と言われるようなものです。こんなもの、詐欺でしょう。

湿布薬だけで済むのだろうか…

そして、話は湿布薬にとどまらないような気がします。
風邪薬も対象外、整腸剤も対象外……とはてしなく品目を広げていくのではないか、と危惧します。

湿布薬ぐらいはしようがないよなあ、などと甘い顔をしていると、官僚と政治家は、どんどんと攻め込んできますよ。
気がつけば、ほとんどの薬は保険対象外、なんてことも。

今、健康保険制度が危うい方へ向かっているような気がするのです。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク