歴史小説を読むとくと現代の生き方のヒントが見える

歴史小説を読むとくと現代の生き方のヒントが見える

歴史小説を読むとくと現代の生き方のヒントが見える

スポンサーリンク




歴史小説を読むとくと現代の生き方のヒントが見える

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶと言われますが、その場合には本当の意味での歴史を知らなければいけないと思います。
通り一遍の知識やその表面上を学んだだけでは本当の意味で歴史を知ったことにはなりません。

そういった観点から、多くの歴史書と小説からその意味を楽しみながら学んでいくのは、学生ならずしも多くの人にとって有効だと思います。

歴史ドラマは現代に生きるヒントをくれるか?

歴史ドラマは、小説より面白く作ってあるため導入方法としては親しみやすい部類でしょう。しかしながら、ドラマとしての意味合いが強すぎたりどうしても過度な演出や現代の
考え方や見せ方が大きくなります。
その中では、NHK大河ドラマは、ある歴史の一舞台もしくは主人公及び多くの歴史上人物が何を考え生きていたのかを歴史の事実に即して一部フィクションも交えながら1年を通してつづる歴史ロマンでした。
しかしながら、最近はどうもドラマ化しすぎて物語性が強くなり歴史ものとしての価値が少なくなりつつあります。
そういったことから、やはり原作を読みそちらの方でどのような考え方をして今の日本、自分に役立つところはあるのかを考える事は有効な方法だと思います。

歴史小説に見る現代の生き方のヒント

小説でもストーリー性が強いものから、生き方そのものやその歴史の意味合いについての考察を中心にしたバラエティ豊かな歴史小説があります。
中には、歴史小説の形を得ながら現代的考察を交えながら未来の糧とするような歴史小説があります。
自分のすきな小説家に、堺屋太一や司馬遼太郎がいます。歴史を通り一遍に語るのではなく現代の対比と現代でどおしたらいいのかのヒントをちりばめて展開していくといった方法が見られるというところでこの2人は共通していると思います。
もちろん、作者が書いていることに共感しない場合もありますがその共感しない事でも自分で考えさせられたり、今だったらどういうふうに考えるだろうかどういう風に行動するだろうかというシミュレーションが生きる力となるような気がします。

歴史小説を読むという事

歴史を学ぶという事は、現代に生きるヒントをくれます
しかしながらヒントであって答えではない。
そのヒントをいかに役に立てるかはどれだけ深い読み方をしているかにかかってきていると思います。
いろいろなタイプの歴史小説を読み、多くの過去の人物の考えを学びまた作者の意見を、自分のものにしたりすることはきっと役に立ちます。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする