天皇陛下が生前退位のご意向をお持ちであると報道されたことについて。問題は山積…

天皇陛下が生前退位のご意向をお持ちであると報道されたことについて。問題は山積…

天皇陛下が生前退位のご意向をお持ちであると報道されたことについて。問題は山積…

スポンサーリンク




天皇陛下生前退位報道

天皇陛下が生前退位のご意向を周囲に示しているとの報道がなされました。
難しい問題があるとは思いますが、現在の状況を考えると、今上陛下が生前に退位されることについては、あってもよいと考えています。

天皇陛下が生前退位のご意向を持たれたのは、公務を「きちんと」こなしたいというお気持ちがおありになるのに、年齢という抗えないもののせいで、納得のいくご公務ができないからではないでしょうか。
そして、それならば、「きちんと」こなせる者が、天皇として日本国の象徴として在ることが良いのではないかと考えられたのではないでしょうか。
これは、私の勝手な妄想です。
もっと、深い思いがおありになるのでしょう。

現在の日本国憲法下では、天皇は日本国の象徴です。
内閣の助言と承認により、国事行為を行います。

そして、立法は国民を代表する議員により構成される国会の役割、法律の執行(行政)は内閣の役割となっており、天皇は立法や法律の執行をすることはできません。
このような国の在り方の下で、皇室典範という法律の改正を促すことになるのではないか、立法または政治に介入すると捉えられるのではないか、という問題点が浮かび上がります。

ですので、陛下のご意向が周知される前に、皇室典範の改正に着手し、改正しておくのがベストだったと思われます。
実際、そのような動きになっていたと思いますが、報道が早く出てしまったのでしょう。

憲法にも、皇室典範にも、天皇の退位については規定がありません。
「天皇は終身とする」といった規定がどこかにあれば、その規定を改正しなければ生前退位はできませんが、そのような規定はないので、現在の状況でも、生前退位ができないわけではないと思われます。

明治以降、生前退位がなされなかったのは、後継争いが起こるのを避けたかったからなのではないでしょうか。
歴史を振り返れば、後継争いがありました。

ですので、天皇が任意に退位・譲位できるとすると、それを促す勢力が出てこないとも限りません。
ただ、日本国憲法下では天皇は象徴であり、政治力はないので、昔のような権力争いは起こらないのではないかと思われますが。

上記のほかにも、問題はあるでしょう。
それらの問題を解決した皇室典範の改正をしようとするために、天皇の生前退位の実現には数年を要するだろうとされているのでしょう。

The following two tabs change content below.
ドクトル
ドクトル
介護分野を中心に活動していました。70代男性でライター経験はありませんが、興味のある事や得意な事を発信していきたいと考えています。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする