都内で自転車通勤で知っておくべきことについて

都内で自転車通勤で知っておくべきことについて

都内で自転車通勤で知っておくべきことについて

スポンサーリンク




「都内で自転車通勤で知っておくべきことについて」

2017年の5月に「自転車活用推進法」が生まれ、今後自転車利用に対する機運が高まることが予想される日本ですが、都内では特にサイクリングや通勤などで自転車を利用する人が増えています。

例に及ばず私もロードバイクに乗って自転車通勤をする一人なのですが、自転車で都内の道路を走っていると何かと気付く点が多く、より安全に、より快適に走るためにはどうしたらいいかなどよく考えるようになりました。

さらにそういったことを意識して走るようになってからは、自転車通勤やサイクリングがより楽しくなりました。

そこで、今回は自転車通勤について、私なりに意識していることや知っておくとお得な情報についてまとめていきたいと思います。

1.自転車の基本 走り方の注意点と交通ルール

自転車も車両の一種ですので公道を走る際は、交通ルールを遵守して走る必要があります。
しかしながら、都内だけではなく自転車の交通ルールを遵守できていない人が目立つのが現実です。

そういった違反自転車の存在が周囲のヘイトを集めることによってサイクリストの肩身を狭くしていることもあるので、自転車に乗っている方は特に交通ルールの順守を徹底してほしいものです。

さて、それでは私が特に重要だと思っている自転車の交通ルールについて代表的なものを紹介します。

①原則として車道の左側を通行する

自転車の走行場所は車道の左側が原則です。
例外として、車道での走行が危険であると判断した場合や、自転車通行が認められている歩道での通行は認められています。
そして、車道の右側の通行は禁止されています。
スポーツタイプの自転車ですと、かなり速度もでますので、この原則は身の安全を守るためにはとても重要です。

②自転車は二段階右折

自転車が交差点などを右折しようとした場合、原付きと同様に二段階右折をやる必要があります。
これは自転車が車道の左端を走行しているため、直接右折を試みると後方から来た直進車両と衝突する恐れがあるからです。

自転車通勤時は時間に余裕がなく急いでしまうこともあるでしょうが、必ず守るようにしましょう。

③一時停止・停止線

自転車も車両ですので、道路上に表示されている一時停止や信号での停止線などを遵守する必要があります。

自転車に乗っている方はなかなか自分が車両であるという意識を持っていないので、この辺のルールを順守している人はなかなか見かけないのですが、交通安全上必ず守る必要があります。

まとめ

自転車の交通ルールは周りをよく見てみるとちゃんと遵守している人は少ないように思えます。
しかし、ロードバイクに乗っている私としてはこれらのルールを順守しないで走ることの危険性について危惧してしまいますね。

これらのルールには交通秩序というものを維持するための重要な要素が可分に含まれていますので、ぜひともルールを順守して安全に走行してほしいものですね。

The following two tabs change content below.
よーくん
よーくん
最近体重が気になる30代男ですw新米パパです! スポーツ、スマホゲームなどが好きなので、関連した記事を書いていこうと思います。よろしくお願いします!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする